バーガーバーガー ハンバーガー食べ歩きMAP

有楽町線のハンバーガーショップ


今回は、池袋に用事があり少し時間に空きがあったのでどこかで時間をと思い、そういえば池袋にも「J.S. BURGERS CAFE(J.S. バーガーズカフェ)」がオープンしていたなあと、足を運んでみました。


場所は池袋西口にあるルミネ池袋店の8Fになります。
ルミネ自体は駅に併設した形ではあるのですが、池袋駅の場合、西武百貨店に東武百貨店、東武プラザにパルコにエチカにと、色々と駅に併設されているので、慣れていない人だと確実に迷うかと思います。

行き方はというと、これまたどの電車で池袋に向かうかで全く違ってくるので、省略します。いや説明がむずかしいもので・・・


ということで、池袋ルミネの8Fのレストランフロアにお店があります。
同じフロアに他にも飲食店や、あとシネリーブル池袋もあるので映画帰りの人がちょっとよるにはいい立地かも。

ただし、お店は軽く仕切りで囲まれたスペースと、かなりオープンなスペースに分かれているので(これまで紹介した中だと新宿のアームズピクニックもそんな感じですね)、目の前を人がどんどん通り過ぎて行く中で、大きな口でハンバーガーを頬張るのにちょっと抵抗感のある人はいるかもしれませんね

お店外観


先にカウンターで注文をしてから席に着くタイプなので、まずはカウンターで注文。
好きなハンバーガー(レギュラーサイズ)に+トッピング1種類とドリンク(L)、ポテト大盛りがついてくるセットが1,480円とお得な感じなので、ベーコンエッグバーガーにチェダーチーズのトッピングを注文します。

できあがったら教えてくれるアラームを受け取って、席で出来上がりを待ちます。
大きさは携帯電話くらいですが、このスタイルは日本では珍しいですね。

アラーム

さて、最初にも書いたようにかなりオープンなスペースなので、席によっては目の前の人通りも多いですがオープンカフェと思えばそんなものかも。ビルの中庭(?)から光も入ってくるので結構解放感はあります。

オープン席

オープン席


アラームが反応したのでお店のカウンターに商品を取りに行ってきます。
ケチャップ類はセルフなので、これは必要に応じて。

こちらのスタイルというほどではないでしょうが、バスケットに入った上部をずらしたハンバーガーと、少し太めのポテトはいつ見ても美味しそうです。

ベーコンエッグバーガー

ベーコンエッグバーガー

ベーコンエッグバーガー


ちなみに渋谷や新宿で何回か使ったことはありますが、空いている時間帯と混んでいる時間帯で出てくるハンバーガーやポテトの出来がかなり違う(前者だとしっかり調理された結構出来たて熱々な感じのものが出てくるのですが、後者はちょっと・・・)な印象があるので、この日はそこそこな混み具合だったのでどんなだろうと思い早速いただきます。

・・・で、そこそこの混み具合だったからというわけではないでしょうが、ハンバーガーもポテトも、そこそこに温かく(これはちょっと笑いそうになりました)、やっぱり空いてそうな時間にくるのが一番なのかな。

味の方ですが、ポテトはちょっと塩気が強めで、ジャンクに慣れた人にはそんなではないでしょうが、そうでない人だとちょっと濃いと感じるかな。
ハンバーガー自体はパティもしっかりしてましたし、トッピングのベーコンエッグ+チーズは、ベーコンだけはやはりどこかに飛んでしまっているような感じですが、それでも全体としてはまずまずでしたので、この近辺に立ち寄った際はまた普通に使ってそうな気がします。


お昼時などかなり混んでいる時間帯がどう出るかわかりませんが、食べに行かれる際は、比較的空いてそうな時間帯をオススメしたいかなというところです。

まあ同じフロアに映画館もあるので、もしかしたらコンスタントにそこそこ混んでそうな感じもしないではないですが。


ジェイエスバーガーズカフェ ルミネ池袋店ハンバーガー / 池袋駅東池袋駅都電雑司ケ谷駅
昼総合点★★★☆☆ 3.0



 店名  J.S. BURGERS CAFE ルミネ池袋店
 住所  東京都豊島区西池袋1-11-1 ルミネ池袋 8F
 最寄駅  池袋駅(JR改札徒歩4-5分 約170m)
 営業時間  11:00 - 23:00(L.O.22:30)
 ランチ営業
 定休日  ルミネ池袋店の休業日に準ずる
 ホームページ  http://journal-cafe.jp/
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目11−1の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回紹介するのは、ホテルニューオータニ内にあるレストラン「トレーダーヴィックス」です。

ニューオータニの4Fにあるこちらのお店、サンフランシスコに本店があるインターナショナル料理のレストランとのことで、本店は1934年にオープンしたそうですが、こちらのお店もオープンからすでに30年ほど経つらしいです。

夜は結構なお値段がしそうですが、本格的なディナータイムに入る前にちょっとハンバーガーだけでもいただきに行ってきました。


ホテル自体は赤坂見附・永田町からいくのが一番近いでしょうが、四ツ谷の駅からも歩いていける距離にあります。ただお店は大分赤坂見附よりになるなるので、メイン(四ツ谷・麹町側)からだと少し距離があります。

どの路線から行くかで最初の出口が変わると思いますが、ここは赤坂見附の交差点からの行き方を紹介します。


赤坂見附の交差点まで来たら、お堀を渡った先がもうニューオータニなります。

で最初の入口ではなく少し奥に行った入口(タクシーが結構停まってます)から中に入り、奥のエレベーターで4Fまであがるとそこがお店になります。

赤坂見附の交差点

ニューオータニ入口その1

ニューオータニ入口その2

奥のエレベーターから4Fへ


4Fまで上がると目の前にお店の入口があり、南の島風なお面や帆船の飾りものなどがあり、入口のハロウィンの飾りなどもやっぱりアメリカのお店という感じです。

入口から入った先が受付ですが、最初に行った時は丁度ランチビュッフェの時間とぶつかったため、15:30から通常営業に戻るとのこと。

ビュッフェは日・祝日の14:30までとHPに書いてありましたが、実際にお客さんがはけるまでの時間と片づけ等々もあったみたいです。
いずれにせよビュッフェにはハンバーガーがないのは調べていたので、時間をつぶしてから出直します。

お店入口

帆船模型

ハロウィン飾り


近くにお店らしいお店もないので、ニューオータニ内のガーデンラウンジで時間をつぶしますが、やっぱりいいお値段はします。ラウンジとしてはなかなかですが。


さて、時間もつぶしたので再度お店に向かいます。


店内はダイニングルームとポートハウスバーに分かれているみたいですが、ハンバーガーメニューはポートハウスバーメニューの様なのでそちらに。
もしかしたらダイニングルームでも食べれるのかな?。

店員さんに席まで案内されますが、通常営業に戻ったばかりなので店内はまだお客さんも数組程度。トロピカルな感じのBGMが流れていますが、中は大分暗めです。
窓から見えるのがホテルの壁というはちょっとなんですが、まあ仕方ないですかね。

店内風景


ドリンクメニューを見るとトロピカルカクテルとノンアルコールカクテルのみ載ってます。一般的な飲み物はわざわざメニューに載せてないだけなんでしょうね。
こちらのお店にくる人だとあまりその辺の料金とかも気にならないんでしょう。

ハンバーガーは6種類(各3,150円)ほど。
ここまでのハンバーガー単品でのお値段記録更新です。
ラインナップは若干変わった感じのものばかりでしたが、ここは2種類のチーズとマッシュルームソースの「ULTIMATE」を注文。
15分ほどかかりますとのことですが、それは全く問題なしで。

ドリンクはどのノンアルコールカクテルも気になったのですが、そのなかから「アプリコットクーラー」を注文します。ノンアルコールカクテルは全て1,050円でした。


先に運ばれてきたカクテルは、名前通りアプリコットな色味です。
中はアプリコットフローズンがベースのノンアルコールカクテルで、程よい酸味と程よい甘みで、個人的には大好きです。意外と飲みごたえもあって、場所代を考えるとこのくらいのお値段なのは仕方ないのかな。

アプリコットクーラー


さらにしばらく待っていると、ハンバーガーが運ばれてきました。

紙袋は無いようで、かぶりつくと凄いことになりそうかなというサイズ。
野菜は別になっているので好みに合わせて入れるのでしょうが、バンズをどかして入れるとなるとさらに食べずらくなる恐れも、フライドオニオンもこれもトッピング用かな。

とりあえずこのままシンプルにナイフとフォークで食べ進めて行きます。

ハンバーガー

ハンバーガー


アメリカのお店だけあるのでベースの味付けは薄めかなと思いきや、最初の一口目はかなり味もしっかりしていて、ケチャップなども無くても、このまま食べ進めて行けそうな感じ。パティもほどよい粗挽き加減に、ジューシィーで美味しくいただけます。
トッピングのチーズもいい具合にとろけていて美味しいのですが、塩気はちょっと薄めです。

最初の味がそのまま最後まで変わらず行けば一番よかったのですが、食べ進めて行くうちに味が少しずつ弱くなっていき、残り半分の時点ではケチャップやお野菜などで味に変化をつけないと物足りなくなるというかちょっと飽きがきてしまいます。

ボリュームもありベースはしっかりしているハンバーガーなので、満足感はありましたが、味付けが一定でない感じとチーズの塩気が足りないのは残念でした。結果、最終的にぼやっとした感じで食べ終わることになってしまいました。


いいかどうかは別として、周りから聞こえてくる外人さんのおしゃべりや、雑然とした感の残ったお店の雰囲気(バースペースだけ?)などなど、日本にあるアメリカ料理のお店の中では、一番アメリカのお店にいる感はありました。なので意外と嫌いではありません。
夜はもっと高いのでしょうが、もう少し安ければいいんですけどね。

そうそう、味には全く関係ないですが、ポリネシアン風の格好をした店員さんのロングスカートにやたらと深いスリットが入っていたのにはちょっとビックリしましたf(*^^*)


トレーダー・ヴィックス (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.0



 店名  トレーダー・ヴィックス (TRADER VIC'S)
 住所  東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ東京 4F
 最寄駅  赤坂見附駅(ベルビー赤坂口から6分 約450m)
 営業時間  ランチ:11:30 - 14:30
 ディナー:17:00 - 22:00
 バー:11:30 - 24:30(L.O.)
 ランチ営業
 定休日  無休
 ホームページ  http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/vics/index.html
東京都千代田区紀尾井町4-1の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回は赤坂見附に用事があったので、そのついでといってはなんですが、ニューオータニ内の「ガーデンラウンジ」に行ってきました。

赤坂見附だと他にも行っていないお店もあるのですが、休みだったり夜から営業だったり、一人ではというお店だったりで、結果老舗ホテル内のラウンジに突撃です。
高級ホテルのラウンジですが、この間グランドハイアットの「オークドア」にも行ったことだし、まあ大丈夫でしょう。


ニューオータニですが、ザ・メインと呼ばれる建物とガーデンタワーと呼ばれる建物、さらにガーデンコートと呼ばれる3つの建物がありますが、お店があるのはガーデンタワーとザ・メインと呼ばれる建物の丁度中間になります。(赤坂見附からだと正面ロビーとは真逆から向かうことになるので、初めてだとかなりの確率で迷いそうです。(自分は迷いました・・・))


赤坂見附からの行き方ですが、改札を出たらそのまま地下通路を通って出口Dから外に出ます。すると弁慶堀の脇に出るので、昔からの釣り場を眺めつつ橋を渡って向かい側へ。

弁慶堀

橋を越えるとすぐニューオータニのガーデンコートの入口が見えますが、すぐに入らずにそのまま道なりに奥の方に進みます。

すると、ガーデンタワーの方の入口になるので、底から中へ。

ガーデンコート入口

ガーデンコート入口を奥に

ガーデンタワー入口


中へ入ったらまっすぐ奥に進みエレベーターでロビィ階へ。ちなみにこのロビィ階、ザ・メイン側だと1F、ガーデンタワー側だと6Fにあたります(・・・わかりずらい)

とにかく6Fで降りたらザ・メイン(右方向)へと進むと「ガーデンラウンジ」が見えてきます。開放的な空間から日本庭園が見え、なんか場違いなところに来てしまったかも・・・

この先

お店全景


早速お店の方に席に通してもらいます。
運ばれてきたお水もコップが重量感もあるし高そうな感じです。

店内風景

お水


ティータイムなのでメニューのメインはデザートと軽食類ですが、そのなかにハンバーガーも入っているので、「ガーデンラウンジ風ハンバーガー(2,400円)」と「アイスアールグレイティー(900円 ※単品だと1,200円)」を注文します。
やっぱりかなりいいお値段ですねぇ。


先にドリンクが運ばれてきます。
味は癖が無くおいしいです。お値段相応ってことでしょうか。

アイスアールグレイティー


しばらく待っていて、あれちょっと遅いなと思った矢先くらいにハンバーガーが運ばれてきました。

ダブルパティに目玉焼きとトマトにレタスが一緒になって、思っていたよりも大きめなサイズです。てっきりナイフとフォークでいただくと思っていたので紙袋がついていてちょっと意外でした。

ガーデンラウンジ風ハンバーガー

ガーデンラウンジ風ハンバーガー


早速かぶりついてみたところ、パティは口に含むとすぐにお肉がバラける感じで、試しにナイフとフォークで食べようとしてみたら、切っている途中でパティがすぐに崩れてしまい、これだと確かに紙袋でかぶりついたほうがキレイに食べれますね。

味は全体的には結構あっさりめですが、お肉もしっかり旨味を感じさせてくれるし目玉焼きもしっかり半熟で絡んできます。ケチャップで味をつけてしまうとちょっとケチャップに支配されてしまう感はあります。

ダブルパティや量を考えると、場所代も込みでそこまで高い値段ではないかとも思いますが、じゃあ知り合いに2400円(+サービス料10%)ですすめられるかというと「うーん」かな。

日本庭園を眺められるラウンジでのんびりするにはいい場所ですが、ハンバーガーを食べに行くお店となるとちょっと違うかもしれませんね。
 


ちなみにせっかくニューオータニに来たので、死ぬまでに(大げさな)一度食べてみようと思っていた「SATSUKI」のスーパーメロンショートケーキにチャレンジ。

メロンの甘みが凄くて、クリームも甘いですがしつこくなく、一口食べて2?3ピースはいけそうと思いました。(そんなに大きいサイズではないです)

スーパーメロンショートケーキ

ちなみに何がスーパーかというと、味や素材もそうですが、1ピースで他のお店のグルメバーガーが食べてお釣りがくるくらいのお値段(1,575円+サービス料10%)です。
1日40個限定らしいですが、結構遅くの時間でしたがまだありました。


いやはやしばらくは節制しないと(><)


ガーデン ラウンジ (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★☆☆☆ 2.5



 店名  ガーデン ラウンジ
 住所  東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ東京 ロビィ階
 最寄駅  麹町駅(改札出て9分 約550m)
 赤坂見附駅(改札出て9分 約550m)
 営業時間  7:00 - 22:00
 ランチ営業
 定休日  無休
 ホームページ  http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/gardenlounge/
東京都千代田区紀尾井町4−1の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回紹介するお店は池袋にあるBar「ナッシンファンシー」です。

池袋のグルメバーガーといえば西口にあった「OATMAN DINER」が撤退してからは、東口の「EAST VILLAGE」くらいしかすぐに浮かんでこないエリアでしたが、ハンバーガーを出しているBARがあるというので、会社帰りにちょっと立ち寄ってきました。

場所は池袋西口になりますが、若干分かりにくく、ちょっと行きずらい場所にお店があります。


行き方は、池袋の西口から外に出ると目の前がロータリーになってますので、この道をまっすぐに進んでいきます。目印らしい目印はないですが、右手にマック。左手にはビックカメラがあります。

池袋駅西口

西口をまっすぐ


この通りを150mほど進むと大きな交差点にぶつかります(目印はマルイです)。
この交差点を渡り、大通り沿いを右(北方向)に進んでいきます。

マルイの交差点を右に

交差点を渡った側


100mほど進んだところのコンビニ(ファミリーマート)のところで左に曲がるとちょっと薄暗い路地に。

呼び込みのお兄さんや夜のお店が並ぶ中2つ目の角を2Fに上がったところにお店があります。ちょっと薄暗い&写真とかとってたら怒られるんじゃないかと思うような通りなので、女性の方だと遅い時間は来づらいかな?。

コンビニを右に

ちょっと暗い路地


お店の入口のところにも目立った看板があるわけではなく、あってるかなと思いつつ雑居ビルの2Fに。ちょっと殺風景な扉がありますが、こちらがお店の入口でした。

中は縦長のお店で、4人掛けのテーブル席が4つとカウンターが4席。
平日ということもあってカウンター席の上には荷物が置いてありましたが、週末とかはこの席も使うのかな?

ここの2階

お店入口

店内風景


壁にはアメリカンな小物やら何やらが飾ってあります。

席についてメニューを見るとバーガーの種類は5-6種類くらいあります。その中からチーズバーガー(950円)とシーザーサラダ(750円)を注文します。

こちらのお店ですが、オーナーさんが一人で切り盛りしているようなので、注文から出てくるまでタイミングによっては時間がかかりそうですのでのんびりと待ちます。


ドリンクが運ばれてからしばらくするとシーザーサラダがやってきました。
非常にオーソドックスなサラダでしたが、ハンバーガー前の腹ごなしには丁度いいです。サラダをいただいている間も調理している音が少しずつ聞こえてきます。

シーザーサラダ

コーラ


サラダを食べ終わって少し待ったころにハンバーガーが登場しました。
思っていたよりも大きく、ボリュームのあるハンバーガーで、見た目もちょっと懐かしさを感じさせます。

チーズバーガー

チーズバーガー

チーズバーガー


紙袋にうつして早速いただいてみると、本格的な日本のグルメバーガーというよりは、アメリカで出てくるちょっと大味さも残すハンバーガーに近い感じ。味付けはマヨネーズメインですが、ジャンク感を残す味は個人的には結構好きです。
チーズも味がしっかりしていて、パティとも合っています。ただかなり大きいのと、マヨネーズとチーズの味わいが強いので、途中でケチャップ等で味を変えないと飽きがくるかもしれません。

付け合わせのポテトとコーンはお酒に合いそうな味付けで、おいしくいただきました。


オーナーのこだわりが出ている感じの店内で、仲間とワイワイやるのに良さそうなお店ですね。初めての人だとお店に入るまでにちょっと戸惑いそうですが。


ナッシンファンシー (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
夜総合点★★★☆☆ 3.0



 店名  ナッシンファンシー (Nuthin Fancy)
 住所  東京都豊島区池袋2-9-1 太田屋ビル2F
 最寄駅  池袋駅 (西口から5分 約320m)
 営業時間  [月 - 土] 19:00 - 25:00
 定休日  日・祝
 ホームページ  -
東京都豊島区池袋2丁目9−1の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回は有楽町にある「The Pantry 丸の内」を紹介します。(訪問は震災前になります)

広尾にあるホームワークスの姉妹店になるお店で、丁度広尾のお店に行ったあとくらいだったので食べ比べてみようと立ち寄りました。


場所は有楽町の国際フォーラムの向かいにある新東京ビルの1Fにあり、東京駅から向かうのであればそれなりに歩きますが、京葉線の乗り場からだとかなり近いです。
有楽町から向かうのであれば、JRならば国際フォーラム口、地下鉄ならばD3、D5出口からが近いです。

写真は国際フォーラム脇のD5出口から向かっていますが、出口を出て右手に向かい、次の角を右へ。

D5出口外

お店周辺

お店周辺

そのまま100mほど進んだ、信号を渡った先のビルの中に、他の飲食店と並んでお店があります。

新東京ビル

新東京ビル1Fロビー

古いお店というわけではないので、ホームワークスのような落ち着いた雰囲気という外観ではないですが、お店の中も綺麗で、カフェっぽい印象の店内になっています。

店舗外観

店内風景


さて早速席について注文します。サラダがオススメになっていたのでまずはサラダを。
ハンバーガーを頼もうとしたところ、「Humburers & Sandwiches by Homeworks」とありどうやら同じメニューのようでしたので、広尾ではブルーチーズバーガーを頼んだのですが、その時パティの味付けが気になったので、今回はクラシックベーコンバーガーを注文。
ドリンクはジンジャーエールを頼みました。

(※後日お店のHPを見たら「by Homeworks」以外のハンバーガーメニューが書いてありました。こちらのお店独自のハンバーガーメニューもあったようですf(^^;))


すぐにドリンクが運ばれてきましたが、お食事の方はおかわり自由(セットメニューは除く)らしく、これはありがたいです。

サラダは多分チキンサラダだったと思いますが、ちょっとドレッシングの酸味が強かったですが、全体的に可もなく不可もなくないたって普通な感じでした。

チキンサラダ

その後ハンバーガーが運ばれてきますが、サイズは広尾と同じでけっこうなビッグサイズです。見た目的な違いで気になったのはバンズの上のゴマくらいで、こちらのお店では生地の中に練りこんであるのかな?

クラシックベーコンバーガー

クラシックベーコンバーガー


見た目を気にするのはここまでで、早速食べることに。

紙袋があるかたずねてみると、店員さんが「包みましょうか?」と聞いてきたので、「大丈夫です」と答えたら、バーガー袋としてできあがっているのではない1枚紙で出てきました。
だから包みますかと聞いてきたんだなと納得しつつ、自分でやってみたら意外と上手く包めたので(写真はありませんが)、早速いただきます。


さて味の感想ですが、基本的に広尾のお店と大きく変わる印象はなく、全体的にまとまった感じになっています。
パティに関してはこっちの方がちょっとだけジューシィな感じですが、その時に感じたパティの味が薄めなのか、トッピングによって変えているのかについて気になっていたのですが、今日食べた感じではトッピング問わず薄めなのかも。

そのため味気の強いトッピングだといいのですが、そこまででもないトッピングだと途中でケチャップ等で味に変化を加えないと、最後の方で飽きがきてしまうかもしれません。自分も途中でケチャップを加えて味に変化をつけて食べてました。


丸の内OLさんにはボリュームのありそうなハンバーガーですが、今回こちらのお店のハンバーガーでは無い方を注文してしまったので、そこはまた再訪して確認したいと思います。

何だかんだでハンバーガーショップを見かけるエリアですが、ボリューミーなお店が多いのは意外でした。


ザ・パントリー 丸の内 (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.0



 店名  ザ・パントリー 丸の内(The Pantry)
 住所  東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル 1F
 最寄駅  有楽町駅 (D3番、D5番出口から徒歩3分 約130m)
 二重橋前駅 (B7番出口から徒歩3分 約150m)
 東京駅 (丸の内南口から徒歩7分 約450m)
 営業時間  [月 - 金] 11:00 - 21:30(L.O.21:00)
 [土・日・祝] 11:00 - 18:30(L.O.18:00)
 ランチ営業
 定休日  年末年始
 ホームページ  http://www.thepantry.jp
東京都千代田区丸の内3丁目3−1の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回紹介するのは赤坂見附(永田町)にあるウエストパーク・カフェ 赤坂店です。

こちらのお店ですが都内にも数店舗あるアメリカンレストランで、羽田や成田にもホットドッグなどの軽食メインの系列店があるお店です。


お店ですが、赤坂の赤坂東急プラザの2Fにあります。
ですので赤坂見附駅から向かうのであれば、10番出口(ベルビー赤坂口)から出て大通りを挟んだ向かいのビルになりますし、永田町の場合は8番出口から直接ビルの2Fに向かえます。(永田町の場合は路線によっては出口までがかなり分かりにくいですが)。

お店の外観は普通なつくりで、アメリカ西海岸をイメージしてるお店らしいですが、西海岸のイメージがわからないのでとりあえずそのままお店へ。

中は木目調で席数もあり、普段は近辺の会社の人たちで賑わっていそうな感じです。

店舗外観


とりあえず席について注文をします。
ランチ時間は過ぎていたのでグランドメニューになってましたが、お目当てのハンバーガー以外にも、やはりアメリカらしいメニューが揃ってますが、他のアメリカンダイナーに比べると全体的に軽めなメニューが多い印象です。

ここはベーコンチーズバーガー(1,590円)と、ハーフサイズのシーザーサラダ(890円)、ダイエットジンジャーエール(525円)を注文します。


すぐにジンジャーエールが運ばれてきます。
いつも思うのですが缶とコップで出されるとちょっとテンションが下がりますね。同じ量でも大き目のコップに入れて出してもらった方が、サービスを受けている感もあり納得感も出てくるのですが。

そのあと登場したサラダについては、さすがにハーフでも量はあります。
味はちょっと日常的に口にする機会の多いシーザードレッシングとはちょっと違う感じで、そちらに慣れた舌には好みの分かれるところです。

シーザーサラダ


ちょうどサラダを食べ終えたころに、ハンバーガーが登場です。

最初から紙袋に入って出されましたが、ボリュームはかなりあります。付け合わせのポテトも大胆にカットされた感じです。

ベーコンチーズバーガー

ベーコンチーズバーガー


早速食べようとすると炭火の香りがしっかり漂ってきます。

お肉の味もかなりしっかりして自己主張も強く、ケチャップ前提の感じではない完全にお肉を食べさせるタイプのハンバーガーです。ミディアムレアで調理されているので、ジューシィ感もありつつ食感もしっかりしてます。

他の具材もそれぞれしっかりしており(ベーコンは厚めの方がいいと思いましたが)、最後まで美味しくいただけます。

最近はあっさりめの味わいのパティのお店が続いていたこともあってか、粗めで肉々しい「肉」なハンバーガーがすごく美味しく感じました。


他のメニューは試していないのでお店全体では何ともいえないですが、雰囲気は悪くないので、今度は友人でも誘って賑やかに使いたいですね。

毎日食べるとなると胃にもそれなりにこたえそうなハンバーガーですが、こういうハンバーガーってやっぱり恋しくなります。


ウエストパーク・カフェ 赤坂店 (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.5



 店名  ウエストパークカフェ 赤坂店(WeST PArK CaFE)
 住所  東京都千代田区永田町2-14-3 赤坂東急プラザ 2F
 最寄駅  赤坂見附駅 (10番出口から徒歩2分 約50m)
 永田駅 (8番出口から徒歩2分 約120m)
 営業時間  11:30 - 23:00(L.O.22:30)
 ランチ営業
 定休日  無休
 ホームページ  http://www.maysfood.com/wpc/wpc1.html
東京都千代田区永田町2丁目14−3の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今年最後に紹介するお店は、日比谷にある「THE BEAT DINER 日比谷店」です。
特に最後にしようと思っていたというよりは、年末の用事で有楽町にいったので、前回Burger5を紹介したばかりですが、続けて銀座エリアのお店を紹介します。
 


この「THE BEAT DINER」ですが、ベッカーズを運営するJR東日本フードサービスが運営する本格ハンバーガーのお店です。

こちらのお店も最寄りというと、地下鉄日比谷駅か銀座駅となりますが、場所的にはわかりやすいというか、JRの高架をくぐるところにあるので迷いにくいとは思います。(※ネットで調べるとまれに高架脇に印がついてますが、効果をくぐるとことなのでご注意を)


さて、今回は日比谷線の日比谷駅から行ったのですが、A4の出口から出たらそのまままっすぐに進むだけです。

日比谷駅A4出口外

晴海通り

JR高架下


お店は雰囲気的には銀座の高架下に不釣り合いな感じで、内装もアメリカンな作りです。

店内のBGMもかなり大きめですが、電車の通過音が大きいので大きくせざるを得なかった感じです。ただ、人にもよるでしょうが、そこまで電車の通過が気になるほどではないかと思います。

お店外観

店内風景


店員さんが注文を取りに来たので、ハンバーガーを注文します。
どこかで見たことがある感じのユニフォームですが、どこだったけな。。。あ、ゲオだ。

とりあえずお店イチオシの、トッピングにベーコン、エッグ、チーズ、アボガドののった「ビートバーガー」を注文します。


しばらくするとハンバーガーが運ばれてきますが、かなり縦に高く、しっかりした感じの作りになっています。

刺さっている串を抜いて、バンズを少しずらすと、いい具合にとろけた卵がのっかって、食欲をそそります。

ビートバーガー

ビートバーガー

ビートバーガー


早速食べてみると、全体的にしっかり作られていてなかなかに美味しいです。
パテは粗引きといった感じではなく、食感に癖はないですが、ハンバーガー向きのパティになっていて、比較的万人受けしやすいタイプのパティかなと思います。
バンズもほんのりですが甘みがあって全体的にまとまっています。

トッピングに関しては、ハンバーガーと卵の組み合わせは合うなと改めて認識できます。一方気になったのが、卵とタルタル組み合わせが強すぎて他のトッピングがほとんど感じられなかったのは残念です。


味的な特徴はあまりないですが、お店の雰囲気なども悪くないのでこの辺だと使いやすいお店のひとつかなという気がします


さて、来年はどれだけ紹介できるかわかりませんが、またいろいろと食べ歩いて行きたいと思います。


THE BEAT DINER 日比谷店 (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.0



 店名  THE BEAT DINER 日比谷店 (ザ・ビートダイナー)
 住所  東京都千代田区有楽町2-1-13 JR高架下
 最寄駅  銀座駅 (A1出口から徒歩1分 約80m)
 有楽町駅 (JR中央口から徒歩5分 約340m)
 日比谷駅 (A4出口から徒歩1分 約80m)
 営業時間  11:00 - 23:00(L.O.22:30)
 [金] 11:00 - 翌2:00
 ランチ営業
 定休日  無休
 ホームページ  -
東京都千代田区有楽町2丁目1−13の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

銀座とハンバーガーという組み合わせは今一つイメージしずらいところですが、今回は銀座にある「Burger5(バーガーファイブ)」を紹介します。


こちらのお店ですが、銀座といって浮かぶメイン通りからは少し外れた場所ですが、地下鉄銀座駅から直結している銀座ファイブという商業施設内にありますので便は悪くありません。

場所が場所なので日比谷駅や有楽町駅からも行けますが、今回は地下鉄銀座駅から向かいます。


実際銀座駅といっても、銀座線、丸ノ内線、日比谷線と乗り入れてますが、丸ノ内線だと改札を出てすぐですが銀座線からだと結構歩く必要があります。

とりあえず銀座駅内の案内図を見ながら、C1出口をめざします。(丸ノ内線の場合、改札を出てすぐです)

C1出口から外にでる手前に、銀座ファイブの地下1階レストラン街に直結しています。

丸ノ内線銀座駅改札外

レストラン街入口


銀座ファイブ自体は元々数寄屋橋ショッピングセンターという名前で1958年に高速下にオープンした商業施設ということもあってか、レストラン街も銀座でイメージされるような場所ではなく、ちょっと庶民的な感じを醸し出しています。

このレストラン街の何軒目かに「Burger5(バーガーファイブ)」があります。

レストラン街

お店外観


横長のお店は厨房と席に分かれてますが、厨房もガラス張りになっていて外からも見えるようになっています。場所的なこともあるのでしょうが、ハンバーガーショップというよりも昔ながらの駅ビルに入っている喫茶店といった雰囲気です。

店内風景


とりあえず奥の席について注文です。

デザート(喫茶)メニューも結構あるみたいですが、やはり目当てのハンバーガーを頼みます。ハンバーガーのメニュー自体はそれほど多くないみたいです。

今回は「チーズクラシックバーガー(1200円)」にベーコン(150円)とセットドリンク(200円)を注文。パティのサイズで値段は変わりますが、今回はレギュラーサイズで。

さらに店員さんからバンズの種類、チーズの種類を聞かれたので、バンズはプレーン(ライ麦パンも選べます)と、チーズは4種類ある中からブルーチーズで。


しばらく待っているとハンバーガーが登場。

バンズの上に野菜が乗っていて、その上にパティが乗っているせいかパティがちょっと傾いてます。そのパティの上にブルーチーズとベーコンが面白い形でのっています。

チーズクラシックバーガー

チーズクラシックバーガー


はみ出したベーコンは厚さはないですが、カリカリに焼かれています。
パティはボリュームもありますが、歯ごたえも結構しっかりしているタイプです、肉汁がすごい感じではないですが、その分噛んでいて味が広がります。ブルーチーズの塩気があわさって丁度いい味になっていますが他のチーズだと味付けがどうなるのかは分かりませんが、好きなタイプの味です。

バンズについては思ったより柔らかめですが、しっかり焼かれてます。
味もハンバーガーに合わせた感じの味わいです。

チーズがあらかじめ4種類から選べるというのも、自分の好みに近い味を頼みやすいので、個人的にはありがたいです。


結構ボリュームもあるのでしっかりした食事になってしまうかもしれませんが、使い勝手は良さそうなので、この辺に来た時にハンバーガーが食べたいなと思ったら利用したいお店ですね。

ただし利用する路線によって距離がかなり変わりますのでご注意を。
ちなみに下の写真が銀座ファイブの外観です。

銀座ファイブ外観


Burger 5 (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.5



 店名  Burger5 (バーガーファイブ)
 住所  東京都中央区銀座5-1 銀座ファイブ B1F
 最寄駅  銀座駅 (丸ノ内線改札から徒歩1分 約80m)
 有楽町駅 (JR中央口から徒歩5分 約340m)
 日比谷駅 (A4出口から徒歩4分 約250m)
 営業時間  [月 - 土] 11:00 - 22:00(L.O.)
 [日 ・ 祝] 11:00 - 21:00(L.O.)
 ランチ営業
 定休日  不定休(銀座ファイブに準ずる)
 ホームページ  -
東京都中央区銀座5丁目1の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回行ってきたのは神楽坂にあるレストランバー「マティーニ バーガー」です。

こちらのお店は、NY出身のオーナーがNYの味とお酒を楽しめるお店をということで2010年10月にオープンしたばかり。

ここの看板メニューが200gのパティをイングリッシュマフィンで挟んだ「マティーニバーガー」とのことで、どんなものか楽しみです。


最寄り駅は東西線「神楽坂駅」ですが、有楽町線の「江戸川橋」駅からも行けます。
今回は「神楽坂駅」から向かいます。

まずは2番出口(矢来口)から出たらそのまま右に進みます。

神楽坂駅2番出口

出口外を右に

400mほどいったところで信号(牛込天神町)にぶつかるのでそこを右折します。

あとは100mちょっと進むと通りの右沿いにお店があります。(ちなみに江戸川橋から行く時は2番出口を出て左に500mちょっとすすめばOKです)

信号(牛込天神町)を右に

お店外観


こちらのお店の第一印象ですが、店内はとにかくシンプルな雰囲気。余計なものは極力排したような感じでこれまでのハンバーガーショップとは少し違う感じです。

カウンター

店内風景

ちなみに中から外が丸見えなので、外で写メをとってるとしっかり中から見られます。

お店から外を見る


さて、お目当ての「マティーニバーガー」を注文します。

最初に書いたように、ハンバーガーは、イングリッシュマフィンに具材がパティのみ(好みでトマトは入れられるみたいです)というシンプルなもので、ソースは4種類から選べるそう。

ソースの中の一つが個人的にも好きなブルーチーズなのでブルーチーズをチョイスします。(他のソースは「ベアルネーズソース」「アイオリマスタード」「スパイシーケチャップ」でした)

これに小さいサイドディッシュ(この日はマカロニチーズグラタンかサラダでした)がついたランチで1000円のお値段になってます。


運ばれてきたのはこの通り。見た目もかなりシンプルです。

イングリッシュマフィンも市販のものより若干小さめな感じで、パティは200gあるそうですが、そんなに大きい印象は受けません。

マティーニバーガー

お肉の上にバンズをのせますが、お肉が熱々で、ブルーチーズがどんどん溶けて絡まっていきます。これはかなりいい感じです。

マティーニバーガー(ブルーチーズ)

マティーニバーガー(ブルーチーズ)


さて、実際に一口頬張るとかなりの肉汁があふれてきます。
思いのほかあふれてきたので、食べるときは注意してください。

味の方もブルーチーズの塩気がパティにあっておいしいのはもちろんですが、パティも実際はかなり肉厚で、結構ボリュームがあります。
マフィンが薄めだったので、最初はそれほど大きく見えなかったのかも。

マフィンが薄めなのでその分肉汁が染みやすく一気に食べる方がいいかもしれません。

サイドディッシュのセットのグラタンはちょっと薄めの味で、ハンバーガーの後だとインパクトは弱かったかな。


隣のテーブルのお客さんが量は少ないねみたいなことを言ってましたが、最初は確かにそう思い、もう一つくらいと思いましたが、お肉のボリュームがあったからなのか腹もちはよく、お店を後にしてから普通にお腹もふくれてました。

味は美味しいしお腹も膨れるので、また食べに行きたいお店です。
ただ、料理が運ばれて来た時の、見た目の第一印象が寂しい感じなのはもったいないかな。


ただこのシンプルさがウリだとも思うので、今後どうなるか気になるお店です(^^)


マティーニバーガー (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★★ 4.0



 店名  マティーニバーガー(MARTINI BURGER)
 住所  東京都新宿区中里町3
 最寄駅  神楽坂駅 (徒歩5分 2番出口(矢来口)から約350m)
 江戸川橋駅 (徒歩7分 2番出口から約520m)
 営業時間  [火 - 土] 11:30 - 14:00 (L.O.)
         18:00 - 22:00(L.O.)
 [日] 11:30 - 14:00
 ランチ営業
 定休日  月曜 
 ホームページ  http://martini-burger.com/  
東京都新宿区中里町31の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

ハンバーガーの食べ歩きをしている中で、気になっていたお店「喫茶パーラーふるさと」に行ってきました。

「月島=もんじゃ」「喫茶・パーラー=コーヒー&トースト」という発想しか浮かばない管理人にとっては、月島の喫茶店で出される本格ハンバーガーといわれても中々想像もつきません。

さて今日はどんなサプライズがありますかね。
 
なにはともあれ月島に。

月島駅へは有楽町線か大江戸線でいけますが、地図を見ると7番出口と8番出口が近いようですので、今日は7番出口から。

外にでるといきなり左手にもんじゃ屋の案内所があり、月島だなあと実感しますが、今回の目的は最初から決まっているのであまり気にせずに進みます。

月島駅7番出口外


道はまっすぐということなので迷うことはなさそうです。

少し進むと、月島西仲通り商店街とあります。
通りにはもんじゃ屋が立ち並び、さすが月島(^^

月島西仲通り商店街


そんなこんなで進んでいると、道の脇にひっそりと看板が。

喫茶パーラーふるさと 看板


え、この細道?

本当に??

この路地?


でも他にないので入ってみると。。。


ありました「喫茶パーラー ふるさと」。

ぱっと見、ハンバーガーというキーワードは似合わない風情です。

喫茶パーラー ふるさと

いよいよお店の中に入ります。


中はというと、本当に昔懐かしの喫茶店です。

店内風景

テーブル席


メニューも喫茶店ならではのメニューですが、今回はベーコンチーズバーガー(1000円)にジンジャーエール(350円)をチョイスします。

このブログを始めてから毎回同じチョイスな気が・・・

メニュー


まずはジンジャーエールを飲みながらしばらく待ちます。

お待たせしましたの声でハンバーガーの登場です!

あれ、付け合わせのくるくるポテトはどっかで・・・


味はお好みでということですが、基本的に出された味で食べているので今日もそのままで。

ふるさとのベーコンチーズバーガー


ベーコンチーズバーガー近影


味は大分あっさりめです。人によっては味気なさを感じるかもしれませんが、その場合は好みの味付けで楽しむのがいいと思います。

もちろん、肉のうまみと歯ごたえはしっかりしてますし、中にタルタルも入ってますが、主張が強すぎずいい感じで絡んでますから、そのままでも十分に美味しいです。

ベーコンチーズバーガー+くるくるポテト


で、食べ終わって壁を見るとメニューの一番下に「月島バーガー」と。


そうだ、それを食べようと思って来たんだっけ。
すっかり忘れてました。(^^;

それでも美味しかったのは間違いなかったので「月島バーガー」は次の楽しみに。


お店を出たところで、お店の先代らしき方が。
看板にあるジジさんでしょうか。

喫茶パーラーふるさと 看板その2


お話を伺ったところお店自体は44年前(!)からあるそうですが、今の店長さんが五反田の「フランクリンアベニュー」で修業されていたらしく、1年ほど前からハンバーガーを始められたそうです。

「フランクリンアベニュー」と聞いて、いろいろな点で合点もいきました。

サプライズにもいろいろありますが、こんな感じのサプライズも楽しいですね。


喫茶パーラー ふるさと (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★★ 4.0



 店名  喫茶パーラー ふるさと
 住所  東京都中央区月島1-23-10
 最寄駅  月島駅 (駅から徒歩5分 約320m)
 営業時間  [月 - 土] 9:00 - 20:30(L.O.)
 [日・祝] 9:00 - 20:30(L.O.)
 ランチ営業あり、モーニングセットあり
 定休日  月曜日 
 ホームページ  - 
喫茶パーラー ふるさと(東京都中央区月島1丁目23?10)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

バーガーショップリスト

エリアから探す

沿線から見る

最近のブログ記事(5件)

月別アーカイブ

勝手にランキング

ランキング
100回記念 印象にのこった
ハンバーガーランキング
  ⇒⇒⇒ ランキングはこちら