バーガーバーガー ハンバーガー食べ歩きMAP

01.千代田区のハンバーガーショップ


今回紹介するのは、ホテルニューオータニ内にあるレストラン「トレーダーヴィックス」です。

ニューオータニの4Fにあるこちらのお店、サンフランシスコに本店があるインターナショナル料理のレストランとのことで、本店は1934年にオープンしたそうですが、こちらのお店もオープンからすでに30年ほど経つらしいです。

夜は結構なお値段がしそうですが、本格的なディナータイムに入る前にちょっとハンバーガーだけでもいただきに行ってきました。


ホテル自体は赤坂見附・永田町からいくのが一番近いでしょうが、四ツ谷の駅からも歩いていける距離にあります。ただお店は大分赤坂見附よりになるなるので、メイン(四ツ谷・麹町側)からだと少し距離があります。

どの路線から行くかで最初の出口が変わると思いますが、ここは赤坂見附の交差点からの行き方を紹介します。


赤坂見附の交差点まで来たら、お堀を渡った先がもうニューオータニなります。

で最初の入口ではなく少し奥に行った入口(タクシーが結構停まってます)から中に入り、奥のエレベーターで4Fまであがるとそこがお店になります。

赤坂見附の交差点

ニューオータニ入口その1

ニューオータニ入口その2

奥のエレベーターから4Fへ


4Fまで上がると目の前にお店の入口があり、南の島風なお面や帆船の飾りものなどがあり、入口のハロウィンの飾りなどもやっぱりアメリカのお店という感じです。

入口から入った先が受付ですが、最初に行った時は丁度ランチビュッフェの時間とぶつかったため、15:30から通常営業に戻るとのこと。

ビュッフェは日・祝日の14:30までとHPに書いてありましたが、実際にお客さんがはけるまでの時間と片づけ等々もあったみたいです。
いずれにせよビュッフェにはハンバーガーがないのは調べていたので、時間をつぶしてから出直します。

お店入口

帆船模型

ハロウィン飾り


近くにお店らしいお店もないので、ニューオータニ内のガーデンラウンジで時間をつぶしますが、やっぱりいいお値段はします。ラウンジとしてはなかなかですが。


さて、時間もつぶしたので再度お店に向かいます。


店内はダイニングルームとポートハウスバーに分かれているみたいですが、ハンバーガーメニューはポートハウスバーメニューの様なのでそちらに。
もしかしたらダイニングルームでも食べれるのかな?。

店員さんに席まで案内されますが、通常営業に戻ったばかりなので店内はまだお客さんも数組程度。トロピカルな感じのBGMが流れていますが、中は大分暗めです。
窓から見えるのがホテルの壁というはちょっとなんですが、まあ仕方ないですかね。

店内風景


ドリンクメニューを見るとトロピカルカクテルとノンアルコールカクテルのみ載ってます。一般的な飲み物はわざわざメニューに載せてないだけなんでしょうね。
こちらのお店にくる人だとあまりその辺の料金とかも気にならないんでしょう。

ハンバーガーは6種類(各3,150円)ほど。
ここまでのハンバーガー単品でのお値段記録更新です。
ラインナップは若干変わった感じのものばかりでしたが、ここは2種類のチーズとマッシュルームソースの「ULTIMATE」を注文。
15分ほどかかりますとのことですが、それは全く問題なしで。

ドリンクはどのノンアルコールカクテルも気になったのですが、そのなかから「アプリコットクーラー」を注文します。ノンアルコールカクテルは全て1,050円でした。


先に運ばれてきたカクテルは、名前通りアプリコットな色味です。
中はアプリコットフローズンがベースのノンアルコールカクテルで、程よい酸味と程よい甘みで、個人的には大好きです。意外と飲みごたえもあって、場所代を考えるとこのくらいのお値段なのは仕方ないのかな。

アプリコットクーラー


さらにしばらく待っていると、ハンバーガーが運ばれてきました。

紙袋は無いようで、かぶりつくと凄いことになりそうかなというサイズ。
野菜は別になっているので好みに合わせて入れるのでしょうが、バンズをどかして入れるとなるとさらに食べずらくなる恐れも、フライドオニオンもこれもトッピング用かな。

とりあえずこのままシンプルにナイフとフォークで食べ進めて行きます。

ハンバーガー

ハンバーガー


アメリカのお店だけあるのでベースの味付けは薄めかなと思いきや、最初の一口目はかなり味もしっかりしていて、ケチャップなども無くても、このまま食べ進めて行けそうな感じ。パティもほどよい粗挽き加減に、ジューシィーで美味しくいただけます。
トッピングのチーズもいい具合にとろけていて美味しいのですが、塩気はちょっと薄めです。

最初の味がそのまま最後まで変わらず行けば一番よかったのですが、食べ進めて行くうちに味が少しずつ弱くなっていき、残り半分の時点ではケチャップやお野菜などで味に変化をつけないと物足りなくなるというかちょっと飽きがきてしまいます。

ボリュームもありベースはしっかりしているハンバーガーなので、満足感はありましたが、味付けが一定でない感じとチーズの塩気が足りないのは残念でした。結果、最終的にぼやっとした感じで食べ終わることになってしまいました。


いいかどうかは別として、周りから聞こえてくる外人さんのおしゃべりや、雑然とした感の残ったお店の雰囲気(バースペースだけ?)などなど、日本にあるアメリカ料理のお店の中では、一番アメリカのお店にいる感はありました。なので意外と嫌いではありません。
夜はもっと高いのでしょうが、もう少し安ければいいんですけどね。

そうそう、味には全く関係ないですが、ポリネシアン風の格好をした店員さんのロングスカートにやたらと深いスリットが入っていたのにはちょっとビックリしましたf(*^^*)


トレーダー・ヴィックス (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.0



 店名  トレーダー・ヴィックス (TRADER VIC'S)
 住所  東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ東京 4F
 最寄駅  赤坂見附駅(ベルビー赤坂口から6分 約450m)
 営業時間  ランチ:11:30 - 14:30
 ディナー:17:00 - 22:00
 バー:11:30 - 24:30(L.O.)
 ランチ営業
 定休日  無休
 ホームページ  http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/vics/index.html
東京都千代田区紀尾井町4-1の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回は赤坂見附に用事があったので、そのついでといってはなんですが、ニューオータニ内の「ガーデンラウンジ」に行ってきました。

赤坂見附だと他にも行っていないお店もあるのですが、休みだったり夜から営業だったり、一人ではというお店だったりで、結果老舗ホテル内のラウンジに突撃です。
高級ホテルのラウンジですが、この間グランドハイアットの「オークドア」にも行ったことだし、まあ大丈夫でしょう。


ニューオータニですが、ザ・メインと呼ばれる建物とガーデンタワーと呼ばれる建物、さらにガーデンコートと呼ばれる3つの建物がありますが、お店があるのはガーデンタワーとザ・メインと呼ばれる建物の丁度中間になります。(赤坂見附からだと正面ロビーとは真逆から向かうことになるので、初めてだとかなりの確率で迷いそうです。(自分は迷いました・・・))


赤坂見附からの行き方ですが、改札を出たらそのまま地下通路を通って出口Dから外に出ます。すると弁慶堀の脇に出るので、昔からの釣り場を眺めつつ橋を渡って向かい側へ。

弁慶堀

橋を越えるとすぐニューオータニのガーデンコートの入口が見えますが、すぐに入らずにそのまま道なりに奥の方に進みます。

すると、ガーデンタワーの方の入口になるので、底から中へ。

ガーデンコート入口

ガーデンコート入口を奥に

ガーデンタワー入口


中へ入ったらまっすぐ奥に進みエレベーターでロビィ階へ。ちなみにこのロビィ階、ザ・メイン側だと1F、ガーデンタワー側だと6Fにあたります(・・・わかりずらい)

とにかく6Fで降りたらザ・メイン(右方向)へと進むと「ガーデンラウンジ」が見えてきます。開放的な空間から日本庭園が見え、なんか場違いなところに来てしまったかも・・・

この先

お店全景


早速お店の方に席に通してもらいます。
運ばれてきたお水もコップが重量感もあるし高そうな感じです。

店内風景

お水


ティータイムなのでメニューのメインはデザートと軽食類ですが、そのなかにハンバーガーも入っているので、「ガーデンラウンジ風ハンバーガー(2,400円)」と「アイスアールグレイティー(900円 ※単品だと1,200円)」を注文します。
やっぱりかなりいいお値段ですねぇ。


先にドリンクが運ばれてきます。
味は癖が無くおいしいです。お値段相応ってことでしょうか。

アイスアールグレイティー


しばらく待っていて、あれちょっと遅いなと思った矢先くらいにハンバーガーが運ばれてきました。

ダブルパティに目玉焼きとトマトにレタスが一緒になって、思っていたよりも大きめなサイズです。てっきりナイフとフォークでいただくと思っていたので紙袋がついていてちょっと意外でした。

ガーデンラウンジ風ハンバーガー

ガーデンラウンジ風ハンバーガー


早速かぶりついてみたところ、パティは口に含むとすぐにお肉がバラける感じで、試しにナイフとフォークで食べようとしてみたら、切っている途中でパティがすぐに崩れてしまい、これだと確かに紙袋でかぶりついたほうがキレイに食べれますね。

味は全体的には結構あっさりめですが、お肉もしっかり旨味を感じさせてくれるし目玉焼きもしっかり半熟で絡んできます。ケチャップで味をつけてしまうとちょっとケチャップに支配されてしまう感はあります。

ダブルパティや量を考えると、場所代も込みでそこまで高い値段ではないかとも思いますが、じゃあ知り合いに2400円(+サービス料10%)ですすめられるかというと「うーん」かな。

日本庭園を眺められるラウンジでのんびりするにはいい場所ですが、ハンバーガーを食べに行くお店となるとちょっと違うかもしれませんね。
 


ちなみにせっかくニューオータニに来たので、死ぬまでに(大げさな)一度食べてみようと思っていた「SATSUKI」のスーパーメロンショートケーキにチャレンジ。

メロンの甘みが凄くて、クリームも甘いですがしつこくなく、一口食べて2?3ピースはいけそうと思いました。(そんなに大きいサイズではないです)

スーパーメロンショートケーキ

ちなみに何がスーパーかというと、味や素材もそうですが、1ピースで他のお店のグルメバーガーが食べてお釣りがくるくらいのお値段(1,575円+サービス料10%)です。
1日40個限定らしいですが、結構遅くの時間でしたがまだありました。


いやはやしばらくは節制しないと(><)


ガーデン ラウンジ (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★☆☆☆ 2.5



 店名  ガーデン ラウンジ
 住所  東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニ東京 ロビィ階
 最寄駅  麹町駅(改札出て9分 約550m)
 赤坂見附駅(改札出て9分 約550m)
 営業時間  7:00 - 22:00
 ランチ営業
 定休日  無休
 ホームページ  http://www.newotani.co.jp/tokyo/restaurant/gardenlounge/
東京都千代田区紀尾井町4−1の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回は本の町「神保町」にある「cha-bo」に行ってきました。
神保町だとグルメバーガー専門店というのはないのですが、ジャズ喫茶の「Adirondack Cafe」や、今回紹介するホワイトカレーが人気の「cha-bo」など、喫茶店でハンバーガーを出しているお店が目立ち、こちらのお店では神保町バーガーなるものも提供されているとのことで、ワクワクしながら行ってきました。

お店は神保町駅から数分のところ、靖国通り沿いから少し入ったところにあります。

今回はA5出口から出たので、まずは反対側に渡ります。

神保町 A5出口外

靖国通り沿い

あとは靖国通りを岩本町(秋葉原)方面に進んでいき、100mちょっと進んだところにある書泉グランデの手前で曲がり、さらに入った先すぐの路地を左に入ります。

書泉グランデを右に

すぐ先の路地を左に


レトロな感じの喫茶店が並ぶ路地に入りますが、その3件目がこちらのお店になります。

お店の感じはハンバーガーショップではなく、昔ながらの近所にある喫茶店という風情です。店内に流れる懐かしめの洋楽と、壁に貼られている映画のパンフレットとかが合っています。

この路地の3件目

お店外観

店内風景



メニューを見ると、人気のホワイトカレーが並びますが、その中に神保町バーガーなるものが。通常のものと、チーズ、アボカドをトッピングする3種類しかありませんが、バンズの裏にホワイトカレーが塗ってあるのが特徴。バンズには白神こだま酵母を使用されているらしいのですが、後でネットで調べたら結構検索結果も出てきたので、有名な酵母みたいですね。

今回のお目当てはハンバーガーなので、さっそくチーズバーガー(1,100円)とジンジャーエール(300円)を注文します。


しばらくするとハンバーガーが運ばれてきました。

想像していたのと違って、四角いお皿の上にハンバーガーの他にポテトと、ポテト用のケチャップ。オリーブ類にサウザンソース(かな?何に使うんだろう)がキレイに乗っていてなんとなく嬉しい。カレーの香りも結構してきて食欲がそそられます。

早速紙袋に移そうとしたところ、上のバンズと中の方のグリルドオニオンが滑りやすく、若干苦労しましたので、頼まれる方は紙袋に移す際はちょっとお気を付けください。

チーズバーガー

チーズバーガー


紙袋に移したものを早速いただきます。
バンズの裏のカレーは、「塗ってますよ」程度かと思っていたら、香りも味も思いのほかしっかり主張していて隠し味程度ではないみたい。カレーの辛さもアクセントになっていて、昔からカレーにハンバーグのトッピングというのは定番ですが、やっぱりカレーとハンバーグというのは相性がいいんでしょうね。

ちなみにこちらのパティですが、ハンバーガーのパティというよりは(粗挽きではない)ハンバーグという感じです。なので「ハンバーガー」というよりも「カレーハンバーグサンド」がイメージ的には一番しっくりきます。
こちらのお店の場合、ハンバーガーに合わせたカレーというよりも、カレーありきのハンバーガーなのかなという気がするので、ハンバーガー専門店のハンバーガーをイメージしてくるとちょっとずれるかも。その分懐かしさを感じる味です。


人気のカレーが塗ってあるので一石二鳥のお得感もありますし、予想していたタイプのハンバーガーではあったので満足してお店を後にしましたが、一緒にあったソースの使い道だけはちょっとわかりませんでした。あれは何に使うんだろう?


cha-bo (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.0



 店名  cha-bo(チャボ)
 住所  東京都千代田区神田神保町1-3
 最寄駅  神保町駅 (A7出口から4分 約180m)
 営業時間  [月 - 金] 11:30 - 16:00
        18:00 - 21:00
 [土・日・祝] 11:30 - 16:00(L.O.)
 ランチ営業
 定休日  無休
 ホームページ  http://orange.ap.teacup.com/chabo/
東京都千代田区神田神保町1丁目3の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

さて今回は牛込神楽坂にある美味しいハンバーガーを出してくれるというイタリアン「カルネヤ アンティカ オステリヤ」にお邪魔・・・するつもりだったのですが、急遽変更して秋葉原の「チェルシー マーケット」に行ってきました。


といっても最初はちゃんとカルネヤに行ってみました。
肉系イタリアンで有名というこちらのお店、ランチのみハンバーガーを出しているお店なのですが、定休が日曜。しかもランチタイムが 12:00 - 14:00 ということで、会社勤めのサラリーマンには土曜のランチタイムのみがチャンス!と、それだけにまさかお休みってことはないよなあと、事前に食べログに載っていたお店のURLを確認し向かったのですが、なんと本日は臨時休業ということでお店がお休み。

(ちなみ帰ってからよくよく見てみると、食べログに載っていたURL、実はお店の公式ではなく、その後ネットで見つけたお店の公式サイトにはちゃんと臨時休業って・・・また余計なオチがつきました(><))


仕方もないので、気を取り直してさてどこに行くか考えます。この辺ならハンバーガー以外にも美味しいお店はあるしハンバーガーも「マティーニバーガー」や「モスバーガークラシック 神楽坂店」があるし、まだ紹介していないところだと、市ヶ谷から「FAITH」か、神保町で「cha-bo」あたりか、それともそれ以外か?と悩んだもののすぐにまとまらず、一旦神楽坂にある甘味処「花」で一休み。
この後飯田橋から秋葉原を目指すことにしようと決定です。


秋葉原に関しては、最近では足を運ぶたびに何かしら変わっていて驚かされます。

さてお目当てのお店ですが、ヨドバシカメラの隣、JRで昭和通り口から出たらそのまま併設している建物の2Fにお店があります。なので、改札からは1分程度でしょうか。

Atre2の階段を上って2Fに上がってすぐにお店があります。
休日ということもありお店は大分混んでいるようで、すでに何組かまっているお客さんがいらっしゃいます。

昭和通り口改札

Atre2入口

お店外観


席に通してもらうと結構お客さんも大勢いらっしゃいます。
どちらかというとハンバーガーショップといった外観でもないので、いらっしゃっているお客さんの層もばらばらです。

店内風景

さっそくメニューを見て注文。
定番のハンバーガーの種類はあるようですが、チーズをモッツァレラにしたかったので、ハンバーガー(1000円)に厚切りベーコン(200円)とモッツァレラチーズ(200円)をトッピング。バーガーにはサラダかポテトが付くらしいのでポテトをチョイスします。あとはセットのジンジャーエール(200円)を頼んで注文完了。


しばらく待っているとハンバーガーが登場です。最初から野菜が挟まれているわけではないのであまり高さは感じませんが、とろけたモッツァレラが美味しそうです。
バンズは上下に切り分けてからローストするタイプではなく、表面を軽くローストしたあとに切り分けているようです。野菜を挟んで積み上げるとこの通りです。

オリジナルバーガー

オリジナルバーガー

オリジナルバーガー


まずはそのまま食べてみます。真っ先にバンズの甘みがかなり口の中に広がってきます。肝心なパティは以前お邪魔した時は柔らかすぎてハンバーグっぽかったのですが、今回は大分粗挽きになっているようで食感もしっかりしています。
味付けは典型的なアメリカンダイナーのようで、基本てきに薄めでケチャップやマスタードで味付けをするタイプのようです。ですのでそのまま食べるとモッツァレラやベーコンの塩気もしっかり味わえる反面、全体的に弱く感じてしまいます。この場合はやはりケチャップなどで味を調整するのが正解と言えそうです。
かけすぎには注意でしょうが、味も引き締まって美味しくいただけます。


以前来た時よりも個人的に好みのハンバーガーになっていたので、この近辺でハンバーガーを食べるには使いやすいお店になったかも。ただケチャップの味付けが苦手な方は薄味に感じるかもしれませんね。


最後にこちらの写真は先に寄っていた神楽坂の「花」のクリームあんみつです。
昔ながらの喫茶という感じですが、のんびりした時間を過ごすにはいいですよ。

クリームあんみつ


 

チェルシー マーケット (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.0



 店名  チェルシー マーケット (CHELSEA MARKET)
 住所  東京都千代田区神田花岡町1-9 アトレヴィ秋葉原 2F
 最寄駅  秋葉原駅 (JR 昭和通り口から1分 約80m)
 営業時間  [月 - 金] 11:00 - 23:00(L.O.22:30)
 ※14:30?18:00はティータイム
 [土・日・祝] 11:00 - 15:00  17:00 - 23:00(L.O.22:30)
 ランチ営業
 定休日  不定休(アトレヴィ秋葉原に準ずる)
 ホームページ  http://www.chelsea-market.com/
東京都千代田区神田花岡町1−9の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回は有楽町にある「The Pantry 丸の内」を紹介します。(訪問は震災前になります)

広尾にあるホームワークスの姉妹店になるお店で、丁度広尾のお店に行ったあとくらいだったので食べ比べてみようと立ち寄りました。


場所は有楽町の国際フォーラムの向かいにある新東京ビルの1Fにあり、東京駅から向かうのであればそれなりに歩きますが、京葉線の乗り場からだとかなり近いです。
有楽町から向かうのであれば、JRならば国際フォーラム口、地下鉄ならばD3、D5出口からが近いです。

写真は国際フォーラム脇のD5出口から向かっていますが、出口を出て右手に向かい、次の角を右へ。

D5出口外

お店周辺

お店周辺

そのまま100mほど進んだ、信号を渡った先のビルの中に、他の飲食店と並んでお店があります。

新東京ビル

新東京ビル1Fロビー

古いお店というわけではないので、ホームワークスのような落ち着いた雰囲気という外観ではないですが、お店の中も綺麗で、カフェっぽい印象の店内になっています。

店舗外観

店内風景


さて早速席について注文します。サラダがオススメになっていたのでまずはサラダを。
ハンバーガーを頼もうとしたところ、「Humburers & Sandwiches by Homeworks」とありどうやら同じメニューのようでしたので、広尾ではブルーチーズバーガーを頼んだのですが、その時パティの味付けが気になったので、今回はクラシックベーコンバーガーを注文。
ドリンクはジンジャーエールを頼みました。

(※後日お店のHPを見たら「by Homeworks」以外のハンバーガーメニューが書いてありました。こちらのお店独自のハンバーガーメニューもあったようですf(^^;))


すぐにドリンクが運ばれてきましたが、お食事の方はおかわり自由(セットメニューは除く)らしく、これはありがたいです。

サラダは多分チキンサラダだったと思いますが、ちょっとドレッシングの酸味が強かったですが、全体的に可もなく不可もなくないたって普通な感じでした。

チキンサラダ

その後ハンバーガーが運ばれてきますが、サイズは広尾と同じでけっこうなビッグサイズです。見た目的な違いで気になったのはバンズの上のゴマくらいで、こちらのお店では生地の中に練りこんであるのかな?

クラシックベーコンバーガー

クラシックベーコンバーガー


見た目を気にするのはここまでで、早速食べることに。

紙袋があるかたずねてみると、店員さんが「包みましょうか?」と聞いてきたので、「大丈夫です」と答えたら、バーガー袋としてできあがっているのではない1枚紙で出てきました。
だから包みますかと聞いてきたんだなと納得しつつ、自分でやってみたら意外と上手く包めたので(写真はありませんが)、早速いただきます。


さて味の感想ですが、基本的に広尾のお店と大きく変わる印象はなく、全体的にまとまった感じになっています。
パティに関してはこっちの方がちょっとだけジューシィな感じですが、その時に感じたパティの味が薄めなのか、トッピングによって変えているのかについて気になっていたのですが、今日食べた感じではトッピング問わず薄めなのかも。

そのため味気の強いトッピングだといいのですが、そこまででもないトッピングだと途中でケチャップ等で味に変化を加えないと、最後の方で飽きがきてしまうかもしれません。自分も途中でケチャップを加えて味に変化をつけて食べてました。


丸の内OLさんにはボリュームのありそうなハンバーガーですが、今回こちらのお店のハンバーガーでは無い方を注文してしまったので、そこはまた再訪して確認したいと思います。

何だかんだでハンバーガーショップを見かけるエリアですが、ボリューミーなお店が多いのは意外でした。


ザ・パントリー 丸の内 (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.0



 店名  ザ・パントリー 丸の内(The Pantry)
 住所  東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル 1F
 最寄駅  有楽町駅 (D3番、D5番出口から徒歩3分 約130m)
 二重橋前駅 (B7番出口から徒歩3分 約150m)
 東京駅 (丸の内南口から徒歩7分 約450m)
 営業時間  [月 - 金] 11:00 - 21:30(L.O.21:00)
 [土・日・祝] 11:00 - 18:30(L.O.18:00)
 ランチ営業
 定休日  年末年始
 ホームページ  http://www.thepantry.jp
東京都千代田区丸の内3丁目3−1の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回紹介するのは赤坂見附(永田町)にあるウエストパーク・カフェ 赤坂店です。

こちらのお店ですが都内にも数店舗あるアメリカンレストランで、羽田や成田にもホットドッグなどの軽食メインの系列店があるお店です。


お店ですが、赤坂の赤坂東急プラザの2Fにあります。
ですので赤坂見附駅から向かうのであれば、10番出口(ベルビー赤坂口)から出て大通りを挟んだ向かいのビルになりますし、永田町の場合は8番出口から直接ビルの2Fに向かえます。(永田町の場合は路線によっては出口までがかなり分かりにくいですが)。

お店の外観は普通なつくりで、アメリカ西海岸をイメージしてるお店らしいですが、西海岸のイメージがわからないのでとりあえずそのままお店へ。

中は木目調で席数もあり、普段は近辺の会社の人たちで賑わっていそうな感じです。

店舗外観


とりあえず席について注文をします。
ランチ時間は過ぎていたのでグランドメニューになってましたが、お目当てのハンバーガー以外にも、やはりアメリカらしいメニューが揃ってますが、他のアメリカンダイナーに比べると全体的に軽めなメニューが多い印象です。

ここはベーコンチーズバーガー(1,590円)と、ハーフサイズのシーザーサラダ(890円)、ダイエットジンジャーエール(525円)を注文します。


すぐにジンジャーエールが運ばれてきます。
いつも思うのですが缶とコップで出されるとちょっとテンションが下がりますね。同じ量でも大き目のコップに入れて出してもらった方が、サービスを受けている感もあり納得感も出てくるのですが。

そのあと登場したサラダについては、さすがにハーフでも量はあります。
味はちょっと日常的に口にする機会の多いシーザードレッシングとはちょっと違う感じで、そちらに慣れた舌には好みの分かれるところです。

シーザーサラダ


ちょうどサラダを食べ終えたころに、ハンバーガーが登場です。

最初から紙袋に入って出されましたが、ボリュームはかなりあります。付け合わせのポテトも大胆にカットされた感じです。

ベーコンチーズバーガー

ベーコンチーズバーガー


早速食べようとすると炭火の香りがしっかり漂ってきます。

お肉の味もかなりしっかりして自己主張も強く、ケチャップ前提の感じではない完全にお肉を食べさせるタイプのハンバーガーです。ミディアムレアで調理されているので、ジューシィ感もありつつ食感もしっかりしてます。

他の具材もそれぞれしっかりしており(ベーコンは厚めの方がいいと思いましたが)、最後まで美味しくいただけます。

最近はあっさりめの味わいのパティのお店が続いていたこともあってか、粗めで肉々しい「肉」なハンバーガーがすごく美味しく感じました。


他のメニューは試していないのでお店全体では何ともいえないですが、雰囲気は悪くないので、今度は友人でも誘って賑やかに使いたいですね。

毎日食べるとなると胃にもそれなりにこたえそうなハンバーガーですが、こういうハンバーガーってやっぱり恋しくなります。


ウエストパーク・カフェ 赤坂店 (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.5



 店名  ウエストパークカフェ 赤坂店(WeST PArK CaFE)
 住所  東京都千代田区永田町2-14-3 赤坂東急プラザ 2F
 最寄駅  赤坂見附駅 (10番出口から徒歩2分 約50m)
 永田駅 (8番出口から徒歩2分 約120m)
 営業時間  11:30 - 23:00(L.O.22:30)
 ランチ営業
 定休日  無休
 ホームページ  http://www.maysfood.com/wpc/wpc1.html
東京都千代田区永田町2丁目14−3の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今年最後に紹介するお店は、日比谷にある「THE BEAT DINER 日比谷店」です。
特に最後にしようと思っていたというよりは、年末の用事で有楽町にいったので、前回Burger5を紹介したばかりですが、続けて銀座エリアのお店を紹介します。
 


この「THE BEAT DINER」ですが、ベッカーズを運営するJR東日本フードサービスが運営する本格ハンバーガーのお店です。

こちらのお店も最寄りというと、地下鉄日比谷駅か銀座駅となりますが、場所的にはわかりやすいというか、JRの高架をくぐるところにあるので迷いにくいとは思います。(※ネットで調べるとまれに高架脇に印がついてますが、効果をくぐるとことなのでご注意を)


さて、今回は日比谷線の日比谷駅から行ったのですが、A4の出口から出たらそのまままっすぐに進むだけです。

日比谷駅A4出口外

晴海通り

JR高架下


お店は雰囲気的には銀座の高架下に不釣り合いな感じで、内装もアメリカンな作りです。

店内のBGMもかなり大きめですが、電車の通過音が大きいので大きくせざるを得なかった感じです。ただ、人にもよるでしょうが、そこまで電車の通過が気になるほどではないかと思います。

お店外観

店内風景


店員さんが注文を取りに来たので、ハンバーガーを注文します。
どこかで見たことがある感じのユニフォームですが、どこだったけな。。。あ、ゲオだ。

とりあえずお店イチオシの、トッピングにベーコン、エッグ、チーズ、アボガドののった「ビートバーガー」を注文します。


しばらくするとハンバーガーが運ばれてきますが、かなり縦に高く、しっかりした感じの作りになっています。

刺さっている串を抜いて、バンズを少しずらすと、いい具合にとろけた卵がのっかって、食欲をそそります。

ビートバーガー

ビートバーガー

ビートバーガー


早速食べてみると、全体的にしっかり作られていてなかなかに美味しいです。
パテは粗引きといった感じではなく、食感に癖はないですが、ハンバーガー向きのパティになっていて、比較的万人受けしやすいタイプのパティかなと思います。
バンズもほんのりですが甘みがあって全体的にまとまっています。

トッピングに関しては、ハンバーガーと卵の組み合わせは合うなと改めて認識できます。一方気になったのが、卵とタルタル組み合わせが強すぎて他のトッピングがほとんど感じられなかったのは残念です。


味的な特徴はあまりないですが、お店の雰囲気なども悪くないのでこの辺だと使いやすいお店のひとつかなという気がします


さて、来年はどれだけ紹介できるかわかりませんが、またいろいろと食べ歩いて行きたいと思います。


THE BEAT DINER 日比谷店 (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★☆☆ 3.0



 店名  THE BEAT DINER 日比谷店 (ザ・ビートダイナー)
 住所  東京都千代田区有楽町2-1-13 JR高架下
 最寄駅  銀座駅 (A1出口から徒歩1分 約80m)
 有楽町駅 (JR中央口から徒歩5分 約340m)
 日比谷駅 (A4出口から徒歩1分 約80m)
 営業時間  11:00 - 23:00(L.O.22:30)
 [金] 11:00 - 翌2:00
 ランチ営業
 定休日  無休
 ホームページ  -
東京都千代田区有楽町2丁目1−13の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

今回は、ちょっと毛色を変えまして、ハンバーガーが売りというよりも、美味しいハンバーガーも食べれる神保町のジャズ喫茶「Adirondack Cafe」を紹介します。

元々こちらのお店自体はジャズの名盤の販売を行っていたお店だったらしく、そのお店がジャズ喫茶として2010年10月に再オープンしたとのこと。

自分もJAZZは聞くけれど、よほど有名な曲でも無い限りは全く詳しくはないのですが、美味しいハンバーガーが食べれるよと聞いては行かないわけにはいきません。


お店へは地下鉄神保町駅、A5出口から向かいます。

出口を出ると目の前が靖国通りになっていますので、そのまま左(東)方向に通り沿いに進んでいきます。(※ちなみの通りを挟んだ反対側の裏路地には神保町バーガーを提供している喫茶店「cha-bo」もあります)

地下鉄神保町駅A5出口外

150mほど進み、靖国通りが右斜めに曲がる手前の路地(細道)に入ります。(金券SHOPの脇、マックの一本手前の道です(※地図だと広めの道沿いにピンが立ってますが、細道の方です))

靖国通り沿い


路地を50mほど入った右手、ビルの4Fにお店があります。

お店のある路地

お店看板


はじめてくる人だとどんなお店なのだろうと若干不安になるかと思いますが、中に入ると奥行きのある作りで、店内にはジャズが音色が響きわたっています。

伺ったのが休日の15:00ころということもあって、結構すいてましたが、夜とかはライブもあったりするようです(要確認)。
お客さんも静かに音楽に聴きいっている感じです。

自分のお目当てはハンバーガーではありますが、店内の雰囲気はすごくいい感じで、音楽に耳を傾けながらのひと時を過ごしにくるのもすごくよさそうです。

店内風景

店内風景


早速チーズバーガー(900円)とジンジャーエール(辛口)を注文。

音楽を聴きながら本を読んでいるとすっと音楽が耳に入ってきていい心地です。
しばらくするとハンバーガーとセットのミネストローネが登場。

結構バンズの形に特徴があるというかクラウン(上)の部分がかなり小さめ。
想像していたのと違い、見た目にかわいらしい感じです。

チーズバーガー

チーズバーガー


早速食べてみると、隠れているパティも丁寧に作られていて、しっかりとした懐かしい味わいです。

ハンバーガー専門店の肉感の強めなパティとはちょっと違う感じで、美味しく作ったハンバーグをパンにしっかり挟んだ、ハンバーグサンドを思わせる感じかな。

もちろん、ポテトも食べごたえも十分で、ミネストローネも具だくさんで美味しいです。

いつもの通りあっというまに完食してしまいました。


いつもなら食べたらさっさとお店を後にすることが多いのですが、今回はそのまましばらく音楽を楽しみながら読書にいそしんでしまいました(^^)


ですので、こちらのお店はハンバーガーのみを目当てで行くと、もしかしたら物足りなさを感じる人もいるかかもしれませんが、音楽にプラスしてハンバーガーも楽しめると思って足を運ぶのが正しい気がします。


ジャズが好きな方にはたまらないお店でしょうね。


 店名  Adirondack Cafe (アディロンダックカフェ)
 住所  東京都千代田区神田神保町1-2-9 ウエルスビル 4F
 最寄駅  神保町駅 (徒歩3分 A5出口から約190m)
 営業時間  11:30 - 23:00 (L.O.22:30)
 ランチ営業
 定休日  日曜・祝日 
 ホームページ  -
東京都千代田区神田神保町1丁目2−9の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

水道橋にある「I-Kousya(アイコウシャ)」に行ってきました!

ここは管理人イチオシのハンバーガーのあるお店で、人からお気に入りのハンバーガーを聞かれると必ず名前を挙げています。そのお気に入りのそのハンバーガーは「ブルーチーズバーガー」!

まあブルーチーズが苦手な人もいるのでおススメできるかは人によるのですが、今日もブルーチーズバーガー目当てでテンションが上がってます。

さて、お店へは水道橋駅から向かいますが、JRの場合東口から出ます。
(都営三田線だとA1、A2出口方面になります)

JR水道橋駅東口


ここは駅からは大分近いのでそうそう迷うことは無いと思いますが、まずは東口から目の前を走る白山通り沿いに右方向に向かいます。

最初の信号で大通りを横断し、そのまま目の前の道に入ってすぐ左に「I-kousya」があります。

白山通り


お店の名前ですが、元々先代まで「愛光舎」さんという代々の牛乳屋さんでその名残だそう。

外からみると、ハンバーガーのお店というより街の洋食屋さんのような感じをを受けます。

I-Kousya(アイコウシャ)

お店の中もかわいらしい感じで、なかなか落ち着きます。

I-Kousya(アイコウシャ)店内


今日も今日でいつも通り「ブルーチーズバーガー(お肉は少し大きめのラージサイズ(1732円)で。)」とセットジンジャーエール(157円)を頼みます。

ブルーチーズを苦手とする方はそのにおいを挙げることが多いと思いますが、ここのハンバーガーのブルーチーズはにおいの強さもほとんど感じられずむしろコクがあって、いい具合にハンバーガーにマッチしていて、非常においしいです。(あくまで個人的な感想ですが)

ちなみにこちらのお店のハンバーガーの中では一番高いメニューになるので、ドリンクと合わせるとそこそこなお値段になります。
まあそれでもレギュラーサイズの他のハンバーガーは大体1000円前後なので決して他のお店と比べて高いというわけではありません。


で、しばらく待っていると「ブルーチーズバーガー」の登場です!

ブルーチーズバーガー


フライドオニオンが乗っかっていて相変わらずの迫力。
他の野菜を挟んで重ねたら、すごい高さ。どうですおいしそうでしょう。

崩れるのではと思うかもしれませんが、上から押さえていくとフライドオニオンがパリパリっと圧縮されいい具合に重なります。

ブルーチーズバーガー


ということで早速パクリ。

あーやっぱ好きだな。この味。

ブルーチーズバーガー

ブルーチーズの香りがどうかと改めて確認しながら食べてみましたがやっぱりあまり感じません。チーズもとろけてソースのような役割もしてくれてますが、クリーミーさがあって、コクに関してはチェダーよりもあるんじゃないでしょうか。

パティの味とチーズのクリーミーさに、フライドオニオンの食感が残って最後まで美味しくいただけます。

付け合わせのポテトチップスもお店でスライスしているらしいです。


いやー満足満足。


I-Kousya (※ここをクリックすると食べログ(外部サイト)に移動します)
昼総合点★★★★ 4.0



 店名  I-Kousya (アイコウシャ)
 住所  東京都千代田区三崎町1-4-8 1F
 最寄駅  水道橋駅 (徒歩2分 JR東口改札から約180m)
 営業時間  [月 - 金] 11:30 - 15:00 (L.O.14:30)
        17:00 - 21:30 (L.O.21:00)
 [土] 11:30 - 20:30 (L.O.17:30)
 テイクアウトあり
 定休日  日曜・祝日 
 ホームページ  -  
I-kousya(東京都千代田区三崎町1丁目4)の地図を表示中です。
しばらくお待ちください。

バーガーショップリスト

エリアから探す

沿線から見る

最近のブログ記事(5件)

月別アーカイブ

勝手にランキング

ランキング
100回記念 印象にのこった
ハンバーガーランキング
  ⇒⇒⇒ ランキングはこちら